医療イメージ

脂質を調べる

血液を調べなければわからない問題があり、高脂血症はその病気の一つである。
検査では、血液を単純に調べるだけではなく、その脂質の種類でいいものか悪いものか見ることになる。

詳細を確認する

治療には相談が大事

健康診断などで行われる血液検査によって、高脂血症と判断されることがある。このとき、自分の判断で対策を考えるかもしれない。
しかし、対策は内科の医師と相談したてていくことが望ましい。

詳細を確認する

指標の一つとして肥満を捉える

高脂血症は症状が現れにくい病気で、運動を行っている人でもかかる病気である。
肥満は必ずしも高脂血症となっていることを表すものではないが、一つの指標となるものである。

詳細を確認する

なりやすい人の特徴

高脂血症になりやすい人は肥満というわけではない。一目で分かる症状が無いため、どんな人がなりやすいのか把握していることは大切である。
自分に以下の事が当てはまっていたとしたら注意して欲しい。

詳細を確認する

様々な病気を呼び起こす

高脂血症とは、血液中の脂質の量が適切でない状態を示している。
血液中に油が高い状態が続くと、様々な面で変調をきたす原因ともなる。
これは必ずしも、太っている人だけに起こることではない。
血液中の脂質なのだから、体に付いている脂肪とは厳密には関係ないのである。

この高脂血症が起こっている状態は、症状は現れない。
それが一番怖いことでもあり、放置しておく可能性が多い病気の一つなのである。

高脂血症であることで、他の様々な病気を誘発する。
最も怖いのが、心筋梗塞や脳梗塞を起こすという症状である。
この二つの病気は日本人がもっとも多くかかる病気であり、防ぐべき病気となっている。

オススメリンク